eBASEjr.更なる活用方法 紹介動画はこちら

eBASEjr.を製品品質管理システムに!

自社の商品情報を一元管理。管理された商品情報を得意先企業や「食材えびす」に提供できます。
原材料情報の収集・管理や製品情報の作成や提供、さらには社内活用にと様々な場面で利用できます。

自社の商品情報を一元管理。管理された商品情報をバイヤー企業に一括送信できます。

原材料情報の収集と管理

従来Excelなどで収集・管理していた原材料情報をeBASEjr.を利用することで一元的に収集・管理することが可能になります。また、社内でデータの受渡しを行えるので、データ構築の負担を軽減でき、転記ミス防止に繋がります。

eBASEjr.を使った収集
仕入先がeBASEjr.を使われている場合は、仕入先にeBASE交換ファイルを出力して送付いただくことで情報の収集を行います。

eB-foods/excelを使った収集
仕入先に指定フォーマットを送付し記入していただきます。その記入された指定フォーマットを送付いただくことにより情報の収集を行います。

原材料情報の収集と管理

自社エクセルを使って原材料情報から製品情報の作成

原材料管理のデータをeB-foods/excel経由で自社エクセルに展開することで、自社エクセル内で配合・表示作成の元情報として使用でき、結果をeB-foods/excelに戻すことで、製品管理のデータに対して、配合・表示情報を登録することが可能になります。

自社エクセルを使って原材料情報から製品情報の作成

eBASE交換ファイルでデータ共有

eBASEjr.から無償で出力できる「eBASE交換ファイル」を社内で共有いただくことで、eBASEjr.間での転記作業が無くなります。

自社エクセルを使って原材料情報から製品情報の作成

全ての得意先へ製品品質情報提供!

eBASEjr.で管理されている商品情報を得意先企業に提供したり、「食材えびす」に登録することが可能になります。

他の顧客へのデータ提供

eBASEjr.の更なる利活用!

eBASEjr.を使った製品品質情報管理システムで以下のような利活用が可能になります。

配合情報から複雑で改訂が多い法令に則った「品質表示ラベル」情報を自動作成することが可能です。
原材料・添加物・アレルギーの名寄せ、自動集約機能、重量順の自動並び替え機能も備えています。

配合・品質表示ラベルを作成し、製品の品質情報管理システムに!

食材えびすへオープン情報を登録するだけで、詳細な商品情報を低コストでタイムリーにWEBカタログとして利用

※ パッケージに記載されている公開情報のことです。

基本料金

eBASEjr.は無料でお使いいただけます。

オプション料金(月額)

オプション機能の⑦⑧については下記費用がかかります。

配合パック(eB-foods(E)) 5,000 eB-Point
表示作成パック(eB-foods(C)) 5,000 eB-Point
WEBカタログパック 2,000 eB-Point

※1eB-Point=1円です。

※料金のお支払いは、eB-Pointをご利用ください。

eB-PointについてはeB-PointServiceをご確認ください。

動作環境

OS Windows 8.1 / Windows 10
※ Administrator (コンピュータの管理者) 権限のユーザーでインストールする必要があります。
※ マイクロソフト社のサポートが終了したOSは動作保証対象外となります。
CPU Intel 互換 CPU 1GHz以上(推奨:2GHz以上)
メモリ 1GB以上(空きメモリ推奨1GB以上)
HDD容量 インストール時のプログラム容量300MB
(データ格納領域が別途必要、2GB以上の空きがあるHDDを推奨)
モニタ 表示解像度1,024×768ピクセル以上推奨 ( 16bit HighColor 以上推奨 )
その他 送信機能を利用する場合などに、POP3、SMTPに対応したメールサーバへ接続できるメールアカウントが必要になることがあります。